最新情報(新着)


平成30年度研究成果発表会

日 時:平成30年6月6日(水)10:00~16:30  受付:9:30~10:00
場 所:北とぴあ 15階「ペガサスホール」
会 費:3,000円(研究報告概要書)

詳 細:平成30年度環境講演会・研究成果発表会案内(会員)ダウンロード
    平成30年度環境講演会・研究成果発表会案内(一般)ダウンロード



平成30年度環境講演会

日 時:平成30年6月5日(火)13時30分~17時15分
    (受付:13時00分~13時30分)
場 所:北とぴあ 15階「ペガサスホール」
テーマ:SDGsと廃棄物処理・最終処分場
会 費:無料(ただし、資料代2,000円)

詳 細:平成30年度環境講演会・研究成果発表会案内(会員)ダウンロード
    平成30年度環境講演会・研究成果発表会案内(一般)ダウンロード



NPO・LSA 第45回技術セミナーのご案内


開催日時: 平成30年5月10日(木)16時30分~18時30分
開催場所: 新宿NPO協働推進センター 501会議室 (添付の地図を参照願います。)
講 師 : 岡山大学名誉教授、(公財)廃棄物3R研究財団理事長、
       ㈱廃棄物工学研究所・所長 田中 勝先生
テーマ : 「今後の廃棄物処理と最終処分場の役割」
概 要 : 世界の廃棄物処理の潮流と日本の廃棄物処理の現状を振り返りながら、今後の廃棄物処理の在り方、最終処分場の課題を踏まえた最終処分場の役割を考察したい。 世界の廃棄物処理には3Rの推進を図る循環型社会と、質の高い適正処理を確保して自然共生社会と、廃棄物を利用して化石資源の消費を抑制する低炭素社会を目指す三つの潮流が見られる。日本の廃棄物処理は一般廃棄物と産業廃棄物の処理責任を自治体と排出事業者に与え、生活環境の保全、公衆衛生の向上を目的に安全で安定的な処理に優先して取り組んできた。今後の廃棄物処理に求められているのは、廃止を念頭に置いた最終処分場、中間処理、分別収集であり、質の高い処理サービスを安価に提供することである。そのためには3Rを進めながら物質回収、エネルギー回収して経済的な便益を生み出して、排出者の費用負担を最大限減らす処理サービスを提供することである。

参加者:自由
 会員に限らず、どなたでも自由参加です。先着60名様までといたします。
参加希望者は、氏名、所属、連絡先(電話番号、E-mailアドレス)を明記し、NPO・LSA事務局へメールしてください。
NPO・LSA事務局 メール:office@npo-lsa.jp
(注)・申込み受付の返信は原則として行いません。
  ・定員に達したときは、ホームページで告知するとともに、参加出来ない申込者には事務局からその旨ご連絡いたします。
参加費用:2,000円(当日、お支払ください。)
詳細は、こちらを参照願います。


技術セミナーのページにジャンプします。

▲このページの上に戻る


  1. HOME >
  2. 最新情報